さて、WHO(世界保健機関)の報告により、悪者にされたベーコン・ウインナー・ハムの添加物に関してもそうですが、他の食材にも一体どんなものが入っているのか合わせて調べてみました。

添加物名

タイプ

商品

亜硝酸ナトリウム
(亜硝酸塩)

発色剤

ハム、ソーセイジ、
ベーコン、イクラ など

EDTA2ナトリウム
EDTAカルシウム2ナトリウム

酸化防止剤

マヨネーズ、缶詰 など

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

酸化防止剤

食用油脂、バター、マーガリン、
魚介乾製品、魚介埋蔵品 など

イマザリル
OPP(オルトフェニルフェノール)
TBZ(チアベンダゾール)

防カビ剤

輸入果物、柑橘類 など

過酸化水素

殺菌料、漂白剤

かまぼこ、ちくわ、はんぺん、
ゆでめん、かずのこ など

酢酸ビニル樹脂

ガムベース

チューイングガム

サッカリン

合成甘味料

清涼飲料、菓子類、漬物、
ねり製品 など

臭素酸カリウム

イーストフード
(小麦粉改良剤)

パン、ねり製品

食用赤色2,3,104,105,106号
食用緑色3号
食用青色1,2号

合成着色料

菓子類、清涼飲料水、
漬物、ねり製品 など

参考:活性酸素に負けない本

これだけだはないですが、上記は発ガン性の報告があるものや、変異原性の強い食品添加物と言われているものです。

厚生労働省からは食品として体内に入るものである以上、添加物は人体に害のないものと確認し、食品に入れていい添加物を選定している。しかし、実際には、数々の危険性が指摘されていながら、人々は体内に取り入れている。

活性酸素の発生源?!

えば、漂白剤として使われる過酸化水素水は、活性酸素そのものです。過酸化水素にかぎらず、添加物の多くは、活性酸素を発生させる性質が強いと考えられます。 

リスクの自覚

策としては、リスクを自覚していく事は勿論ですが、製品ごとに、食品添加物の使用量が多いもの、使ってないものを自らで確認し吟味する事が必要になってくると思います。それでも、店頭に並べる業者や買ってしまう人(自分も含め)は、そこまでのリスクを感じていないか、先の事をあまり考えない性分なのか、あるいわ起こってから反省する事が好きなのか…人間って不思議です。

加齢臭との関係

前にも記載させて頂きましたが、脂質が活性酸素によって酸化されると過酸化脂質になります。それが皮脂腺から排出される過程で、9—ヘキサデンセン酸と反応し分解されノネナールを生じます。ノネナールとは加齢臭の原因と言われている成分です。なので、添加物を取りすぎると、体臭の変化にもつながってくると予想されます。